対応実績

当事務所では、さまざまな個人の方や法人様より国際税務のご相談をいただいております。
これまで対応させていただいた数々の実績について羅列するとともに、お客様からよくいただく
ご相談事例も合わせてご紹介させていただきます。

シンガポール進出サポート

よくあるご相談例

  • 中小企業様からのご相談

    日本で起業し事業が順調なため、ASEANへの業務拡大を検討している。シンガポールへの移住・進出についてまずは日本で相談したい。
    シンガポールへ社長自身が移住することによるメリット、またシンガポールへ進出する場合の税務上の注意点について日本でのご面談にてご説明させて頂きました。その上でシンガポールへの移住・進出を決定し、シンガポール現地での法人設立・口座開設・就労ビザ取得までワンストップでサポートさせて頂きました。
  • 新たな国際的な事業を検討されている起業家様からのご相談

    日本国内だけで完結する事業ではなく、最初から海外での事業も想定される新規事業の立ち上げを検討している。最初からシンガポールに本社を構えたい。
    シンガポールにて本社とすることのメリット、また気を付けなければならない日本の税務上のリスクについてご説明させて頂きました。日本での事業もあることから日本に子会社を設立、その後は日本子会社の日本での税務顧問に加えて、シンガポール本社の記帳代行から連結決算・税務申告のサポートをさせて頂いております。

これまでの対応実績のご紹介

2017

2016

国際税務サポート

よくあるご相談例

  • 海外取引が多い中小企業・ベンチャー企業様からのご相談

    海外取引が大幅に増えてきているが、現在お願いしている税理士は国際税務を得意としていないため不安を感じている。記帳代行も含めて税理士変更を検討している。
    記帳代行や給与計算も含めた税務顧問フルサポートをご提供致しました。顧問契約の中で国際税務に関するご相談も行って頂けるため、定期的に事務所にお伺いして海外取引に関するご相談を受けています。
  • 海外に子会社等を有する大手企業様からのご相談

    ASEANでのビジネスの拡大を見越してシンガポール法人を設立したものの、日本での課税リスクについて不安だった。日本での決算・申告は昔からの会計事務所にお願いしているので、国際税務の相談のみ定期的に行いたい。
    現在の会計事務所との契約を維持したまま、国際税務顧問契約のみをご提供させて頂きました。セカンドオピニオンとして、新しい海外での取引を行う際にはご連絡を頂き、国際税務に関する注意点等の整理を行っています。また、3ヵ月に一度は会社にお伺いし、事業の状況を確認させて頂き必要に応じて国際税務の観点からアドバイスをさせて頂いています。

これまでの対応実績のご紹介

2017

2016

セミナー講師実績

2017

記事掲載実績

2017

2016