海外移住者などの非居住者が内国法人から配当を受領した場合の源泉徴収

非居住者が配当を受け取った場合の日本における源泉徴収

海外移住や海外勤務により日本の非居住者となった方が配当を受け取った場合、その配当が国内源泉所得に該当すれば、日本で源泉徴収されることになります。

つまり、日本で源泉徴収義務があるかどうかは、その配当が『国内源泉所得』に該当するかどうかが重要になります。

まずは、国内源泉所得として源泉徴収の対象となる『配当の範囲』について確認したいと思います。

(参考)日本の所得税法における居住者・非居住者の判定について

 

※配当ではなく、非居住者が株式を売却する場合の取扱いについては、こちらの記事をご参照ください。

シンガポールに移住して株式譲渡をすれば『非課税』は本当か?

 

国内源泉所得となる配当とは?

源泉徴収の対象となる配当等とは、次に掲げる配当等をいいます。

① 内国法人から受ける所得税法第24条第1項に規定する剰余金の配当、利益の配当、剰余金の分配又は基金利息

② 国内にある営業所に信託された投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託を除きます。)又は特定受益証券発行信託の収益の分配

※措法第9条の6の規定により、外国特定目的信託の利益の分配及び外国特定投 資信託の収益の分配については、内国法人から受ける剰余金の配当とみなされます(2016年4月1日以後廃止)。

 

従いまして、非居住者が『外国法人』から受ける剰余金の配当等や『国外』にある営業所に信託された投資信託で一定のものは、日本の国内源泉所得には該当しないため、日本での源泉徴収は不要になります。

(参考)国税庁『平成28年版 源泉徴収のあらまし(第10 非居住者又は外国法人に支払う所得の源泉徴収事務)』

 

国内源泉所得に該当する場合の源泉徴収税率は?

イ 上場株式等の配当等・・・・15.315%

(注1) 発行済株式又は出資の総数又は総額の3%以上に相当する数又は金額の株式又は出資を有する非居住者が支払を受ける上場株式等の配当等は除きます。

(注2) 上記の「上場株式等」には、公募証券投資信託(公社債投資信託及び特定株式投資信託を除きます。)の受益権及び特定投資法人の投資口も含まれます。

 

ロ 私募公社債等運用投資信託等の収益の分配・・・・15.315%

ハ イ及びロ以外の配当等・・・・20.42%

 

従いまして、例えば非居住者への『非上場株式の配当』については、イやロには該当しないため、20.42%の源泉が必要ということになります。ただし、後述の通り、租税条約の適用により税率は減免される可能性があります。

 

租税条約により税率が減免される可能性もある

支払を受ける非居住者等の居住地国と日本との間に租税条約が締結されている場合には、その条約で定められている税率(限度税率)に軽減することになります。

租税条約の適用を受けるためには、租税条約に関する届出(様式1 配当に対する所得税及び復興所得税の軽減・免除)を、最初に配当の支払いを受ける日の前日までに、配当の支払者を通じて所轄税務署長に提出する必要があります。

なお、上場株式等の配当の場合には、上記に代えて、租税条約に関する特例届出書(様式1-2 上場株式等の配当等に対する所得税及び復興特別所得税の軽減・免除)を配当の支払取扱者に提出することになります。

 

シンガポール居住者への配当の場合

例えば、シンガポール居住者であれば、日星租税条約に下記の規定があるため、届出を提出することにより15%又は5%の税率が適用できる可能性があります。

 

<日星租税条約 第10条(配当)一部抜粋>

1.一方の締約国の居住者である法人が他方の締約国の居住者に支払う配当に対しては、当該他方の締約国において租税を課することができる。

2.1の配当に対しては、これを支払う法人が居住者とされる締約国においても、当該締約国の法令に従って租税を課することができる。その租税の額は、当該配当の受領者が当該配当の受益者である場合には、次の額を超えないものとする。

(a) 当該配当の受益者が、利得の分配に係る事業年度の終了の日に先立つ6箇月の期間を通じ、当該配当を支払う法人の議決権のある株式の少なくとも25%を所有する法人である場合には、当該配当の額の5%

(b) その他のすべての場合には、当該配当の額の15%

 

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎タックスヘイブン対策税制の適用除外要件を検討したい方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。