【シンガポール 法人税】シンガポールでは車両関係費は損金不算入?

シンガポールでは車両関係費は損金不算入

乗用車に関する車両関係費は、例えビジネスのために生じていたとしても、すべて損金不算入とされています。

例えば、社用車のガソリン代、修理費用、駐車場代、レンタカー代など全てが損金に算入できません (貨物自動車など一定の車両は除きます)。

もちろん、減価償却費も損金算入できません。

業務で使用したタクシー代は損金算入ができる

ただし、業務で使用したタクシー代は損金算入が認められています。

シンガポールで社用車を持つのは、やむを得ない場合を除き、やめておいた方がよいでしょう。車は保有せずにタクシーを利用するに超したことはありません。

 

車両関係費に係るGSTも控除できない

GSTのところで、乗用車に関する費用 (ガソリン代やリース料など) に係る仮 払いGSTは控除できない、ということをご紹介させて頂きました。

GST登録をしてGST申告をしても、仮受けGSTと相殺できないので、払ったGSTは費用となってしまいます。

つまり、車両関係費は法人税・GST両方の観点からデメリットがあるということなります。

これはシンガポールは国土が狭く車両の数を制限するための政策の一つと考えられます。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。

 

 

キーワードを入力して記事を検索

関連記事

人気記事

最新情報カテゴリ