国際税務コラム

シンガポール個人所得税

【シンガポール個人所得税】リベートとは?

※シンガポール2017年度予算案を受けて更新しました(2017年3月11日更新)。

リベートという税額軽減措置

シンガポールの個人所得税ですが、政府からのボーナス的な要素としてリベート(Rebate) という税額軽減措置があります。

2014年度の所得税 (YA2015) については、
シンガポール居住者である全ての個人に対して、税額の50% (最大S$1,000) のリベートが与えられました。

つまり、納付すべき所得税額がS$800の場合はS$400のリベートが控除されるため、最終納税額はS$400になります。

YA2015リベート(IRASウェブサイト 外部)

 

リベートは毎年の予算で発表される

このリベートの面白いところは、毎年変わるところです。毎年シンガポール政府予算でリベートがあるのか、いくらなのか発表されるため、注目している方も多くいらっしゃるかと思います。

この予算、リベート以外に法人税の優遇税制などもアップデートされるので重要なものです。

 

2015年度(YA2016)以降のリベートは?

リベートの金額は毎年シンガポール予算案で発表され、毎年変わる可能性があります。

2017年3月11日時点の個人所得税のリベートは下記の通りです。

・ 2014年度の個人所得税(YA2015): 税額の50% (最大S$1,000)

・ 2015年度の個人所得税(YA2016): リベートはなし

・ 2016年度の個人所得税(YA2017): 税額の20% (最大S$500)

 

*********************************************

弊社では下記のサービスをリーズナブルな料金でご提供させて頂いておりますので、お困りの際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。状況をお伺いしてお見積りをさせて頂きます。

・ シンガポール及び日本における個人の所得税申告

※ シンガポール出向社員について、日本・シンガポール両国で2重課税となってしまうようなケース(外国税額控除が必要)など、複雑な所得税申告についても、シンガポール・日本両国の所得税申告をワンストップで対応させて頂くことが可能です。

 

【月刊 国際税務ニューズレター】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のニューズレター(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

月刊国際税務ニューズレター配信登録はこちら

*********************************************

弊社のサービス内容一覧

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎タックスヘイブン対策税制の適用除外要件を検討したい方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。