シンガポールからのASEAN市場開拓に使える優遇税制【DTDi】とは?

DTDiとは?

シンガポール優遇税制で、よく使われているものとしてPICスキームをご紹介しましたが、それ以外によく使われている優遇税制として、『DTDi』というものがあります。

『DTDi』とは、【Double Tax Deduction for Internationalization 】を指していますが、この優遇税制は、IEシンガポールというところから出されているものです。

 

優遇内容

優遇税制の名前の通り、シンガポール国外への投資機会の模索や事業拡大検討に係る一定の費用について2倍の金額を損金に算入できるという優遇税制です。

S$10,000の費用に対して、S$20,000の損金算入ができるということです。

年間S$100,000までは、IEシンガポールからの承認なしに2倍の損金算入が認められています (S$100,000を超える場合は、IEシンガポールからの承認がなければなりません)。

上記の通り、優遇税制を適用するためのハードルが低く、多くの会社で使われている優遇税制となっています。

 

一定の費用とは?

DTDiの対象となる一定の費用とは、下記の費用を言います。

①海外への事業展開に係る費用
②海外への投資機会の検討に係る費用
③海外での展示会に係る費用
④所定の国内展示会に係る費用

例えば、海外の子会社設立のための出張費用やフィージビリティ・スタディのための費用などが該当します。

 

注意事項

なお、当局からの調査のためにこれらの費用に係る証憑を取っておく必要があります。その中には、出張の目的や旅程、会ったクライアントのリスト、請求書などが含まれます。

旅程などについては、日頃から詳細に記録を残しておいた方が良いと考えられます。

なぜなら、シンガポールの法人税 確定申告期限は忘れた頃にやってくるためです。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。