【シンガポールGST】申告の流れ

シンガポールGST 申告の流れ

シンガポールでのGST登録をすると、GST申告をする必要がありますが、その申告スケジュールを見ていきたいと思います。

GSTは原則として3ヶ月毎に申告する必要があります。

 

申告スケジュールのパターン

この3ヶ月の会計期間の申告サイクルには下記の3つのパターンがあります。

①1月~3月、4月~6月、7月~9月、10月~12月

②2月~4月、5月~7月、8月~10月、11月~1月

③3月~5月、6月~8月、9月~11月、12月~2月

GST登録時にどのサイクルが適用されるかどうかは決算期に応じて決定されます。例えば、12月決算や3月決算であれば自動的に上記①のサイクルとなります。

 

GST申告期限

申告期限はそれぞれ3ヶ月の会計期間の翌月末です。つまり、上記①の1月~3月の会計期間の場合、申告期限は4月末となります。

また、上記の申告スケジュールが原則になりますが、申請をすることにより1ヶ月毎や6ヶ月毎の申告サイクルに変更(IRASウェブサイト -外部)することも可能です。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

 

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。