【シンガポールGST】控除できない仮払消費税(GST)

控除できない仮払GST

シンガポールのGSTは、基本的には仮払GSTと仮受GSTの差額を納付又は還付することになります。

ただし、仮払GSTでも控除できないものが規定されていますので注意が必要です。以下、そのような仮払GSTをご紹介します。

 

Blocked Input Tax

控除できないGSTは【Blocked Input Tax】と呼ばれていますが、下記の通り、限定列挙されています。

①クラブの会費
②医療・傷害保険料
③医療費
④従業員家族への福利厚生費
⑤賭博等に関する取引
⑥乗用車に関する費用 (レンタカー費用やガソリン代など)

 

乗用車に関する費用

特に上記⑥の乗用車に関する仮払GSTを控除できないというのは、シンガポール特有の政策であり、自動車に対しては税制的にもかなり厳しくなっているため、留意が必要です。

この政策はシンガポールの国土面積の関係上、あまり自動車を増やしたくない、という背景があります。

なお、課税売上以外に非課税取引がある場合にも仮払GSTを控除できないケースがありますので、非課税取引がある場合にも注意が必要です。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。

 

 

キーワードを入力して記事を検索

関連記事

人気記事

最新情報カテゴリ