シンガポール個人所得税【給与所得 基礎控除】

シンガポールにも給与所得に係る基礎控除があります

シンガポールの個人所得税には、生命保険料控除受講料等控除扶養控除などがあり、過去の記事でも紹介させていただきました。

今回は給与所得等に係る基礎控除についてご紹介します。

 

基礎控除【Earned Income Relief】

シンガポールの所得税には、Earned Income Reliefという、就労所得に係る基礎控除のようなものがあります。

この基礎控除の額は年齢に応じて変わってきます。

 

基礎控除額

控除額は下記の通りです。

55歳未満 → 1,000SGD
55歳以上59歳以下 → 6,000SGD
60歳以上 → 8,000SGD

生年月日からIRAS(課税当局)が自動で基礎控除の金額を加味した上で税額計算をしてくれますので、知らなくても問題はありません。基礎控除を適用するための申請も必要ありません。

ご自身で税額の見込み額を計算したい場合や、税額計算が合っているかチェックする際にはぜひ知っておいた方が良いもの、という位置付けになります。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。

 

 

キーワードを入力して記事を検索

関連記事

人気記事

最新情報カテゴリ