シンガポールでは請負に係る契約書に印紙税はかからない?

シンガポールで印紙税の対象となる契約文書

シンガポールで印紙税の対象となるものは限られており、数も多くありません。

シンガポールで印紙税の対象となる契約文書・書類は下記の通りです。

 ① 不動産売買
 ② 不動産賃貸
 ③ 株式譲渡
 ④ 不動産・株式の担保権設定

シンガポールに住んでいる方であれば社宅の契約等で『印紙税』を請求された経験が一度はあるかもしれません。それは、②不動産賃貸に係る契約文書は印紙税の対象となるためです。

 

請負に係る契約書類には印紙税はかからない

上記の通り、「請負に係る契約書類」は印紙税の対象となるもに含まれていないため、課税されないことになります。

日本の印紙税と比較すると非常にシンプルです。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。