シンガポール優遇税制 PICスキームとは?

PICスキームとは?

シンガポールではよく利用されている優遇税制の一つである、PICスキームについてご紹介させて頂きます。

PICとは、Productivity and Innovation Credit(外部-IRASウェブサイト)  の略です。

PICスキームとは、特定の活動に係る支出について、下記二つのいずれかを適用することができる、という優遇税制です。どちらかを選択適用することになりますので、両方を適用することはできません。

①400% 損金算入 (各カテゴリーごとにS$400,000/年が上限)

②60% 補助金 (各カテゴリーごとにS$100,000/年が上限) →2016年8月1日以降は40%

 

特定の活動に係る支出とは?

特定の活動に係る支出は、下記6つのカテゴリーに分けられています。

【対象支出】

① オートメーション機器の購入及びリース

② 従業員の研修費

③ 無形資産の取得費用

④ 商標権等の登録費用

⑤ 研究開発費

⑥ デザイン開発

 

上記、オートメーション機器にはPCやプリンターの購入なども含まれるため、よく利用される優遇税制の一つとなっています。→オートメーション機器の リスト(外部-IRASウェブサイト)

 

400%損金算入

その名の通り、①は支出額の4倍の金額を損金に算入できるというものです。最初のS$400,000/年までが400%経費控除の対象となっていますが、2016賦課年度から2018賦課年度の3年間の限度額をまとめて使用することも認められています。

つまり、2016賦課年度においてカテゴリー毎に最大S$1,200,000を使用できます(この場合、2017及び2018賦課年度においては使用できなくなります)。

 

400%損金算入(中小企業の特例)

また、一定の要件を満たす中小企業については、PIC+ Scheme for SMEs(Small and medium enterprises, 外部-IRASウェブサイト)という特例があります。

400%損金算入の限度額について、各活動につきS$400,000/年とされていた限度額が、2015賦課年度以降は、S$600,000/年に増額されます。ただし、グループ全体で下記のいずれかの要件を満たす必要があります。

・年間売上がS$100,000,000未満であること

・従業員が200人未満であること

 

60%補助金(Cash Payout)

②60%補助金(Cash Payout)は、支出額の60%をキャッシュバックしてもらえるというものです。Cash Payoutについては、400%損金算入のように、賦課年度の3年間の限度額をまとめて使用することはできません。

Cash Payoutを申請するには、下記の要件を満たす必要があります。

・3人以上のローカルスタッフ(シンガポール国籍またはシンガポールPR保有者)を申請期間の直前3ヶ月以上継続して雇用していること

・シンガポール国内で事業を行っている企業であること

 

なお、2016年予算において、2016年8月1日以降に発生した費用については、60%ではなく40%へと減額されることが発表されました。

 

2019賦課年度からPICスキーム廃止

PICスキームですが、2016年予算にて2018賦課年度をもって終了することが発表されました。従いまして、2019賦課年度からは廃止されます。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。