【シンガポールGSTの留意点】ギフト(贈答品)に係るGSTの取扱い

お歳暮などのギフトを送った場合のGSTの取扱い(原則)

シンガポールGSTの留意点を1つご紹介したいと思います。

シンガポールでも、取引先などに対してお歳暮などのギフトを送ることもあるかと思いますが、無償譲渡した場合はGSTについて留意が必要です。

原則として、GST登録者がギフトをプレゼントした場合はGSTを認識して申告しなければなりません。

例えば、 価値がS$500(GST7% = S$35)のものをプレゼントした場合、このS$35をGST申告で仮受消費税として申告・納付する必要があります。つまり、無償譲渡であったとしても、売上があったものとみなす必要があるということです。 

 

GSTが免除される場合(例外)

ただし、ビジネス上のギフトであれば、 下記についてはGSTが免除されます。

①商品の価値がS$200以下であるもの

②一般に市場では入手できないサンプル

 

仮払消費税を認識しない場合

少し細かい話になりますが、ギフトを購入した時の仮払消費税を還付請求しないのであれば、無償譲渡したとしても仮受消費税を申告する必要はありません。 つまり、購入した時に支払った仮払消費税だけ申告して還付してもらうということはできないことになります。

 

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。