【シンガポール個人所得税】一時帰国費用については要注意

※2016年7月14日追記(2016年度予算案で改正)

シンガポール2016年度予算案で改正

一時帰国費用(ホームリーブの旅費)の会社負担分は、その全額が課税所得となるわけではなく、下記のような優遇措置がありました。しかし、2016年度予算案で2018賦課年度から、優遇措置は廃止され、その全額が課税所得となることが発表されました。つまり、2017年1月1日以降の一時帰国費用については、その全額が課税所得となります。

※以下、改正前の取扱いの説明となります。

 

駐在員の一時帰国費用についても課税対象

シンガポールの個人所得税の計算において、一時帰国費用(Home leave passage)は注意が必要です。

会社が駐在員の一時帰国費用を負担した場合、全額現物給与として課税するのではなく、その費用の額の20%相当額のみを課税所得とする優遇措置があります。

ただし、何回でも適用されるわけではなく、下記の制限があります。

 ①従業員自身 → 年1回まで

 ②配偶者→ 年1回まで

 ③未婚の子供 → 年2回まで (ただし、16歳以下のみ、16歳越の場合は通学していること、また障害者も認められます) 

 

上記の回数を超える一時帰国費用については、全額が課税対象となります。

 

手当と支給している場合は全額課税対象

会社が手当として支給している場合は全額課税になります。従業員が立て替え払いして、会社と実費を精算する場合には上記の特例を適用できると考えられます。

なお、駐在が決まって最初のシンガポールへの渡航費用 及び 駐在が終わり日本に帰任する時の渡航費用は全額非課税になります。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。

 

 

 

キーワードを入力して記事を検索

関連記事

人気記事

最新情報カテゴリ