【シンガポール個人所得税】海外出張手当の取扱い

海外出張手当(Per Diem Allowance)の取扱い

シンガポールの個人所得税の計算上、シンガポール国外への出張手当が支給される場合、その全額が課税されるわけではありません。

シンガポールでは、「国毎に」いくらまでという非課税枠が決められています。ある国の非課税枠がS$80であり、手当がS$100支給された場合、非課税枠を超える部分のS$20のみが課税対象になる、という計算です。

国ごとに物価が異なるので、滞在費用も異なってくるという発想です。物価が低い国は非課税となる額も低く、物価が高い国は高く設定されています。

 

どの国に出張するかにより非課税範囲が異なる

国ごとの非課税枠については、IRASのウェブサイト(外部サイト)に記載されています。この非課税の上限金額は毎年更新されます。

下記が一例です。

日本 → S$93 /日
インドネシア → S$102 / 日
ベトナム → S$63 / 日

日本は2015年から2016年に大幅に下がっています。

2016年では、最も高い国はガーナのS$276でした。治安なども加味されているのでしょうか。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。