シンガポールに外形(資本割)・均等割はあるか?

日本では資本金額について慎重に検討する必要がある

シンガポール現地法人を設立する際には資本金額をいくらにするか検討することになりますが、日本のように資本金額が大きくなることによるデメリットが気になるかと思います。

日本では資本金額に対して課税する、事業税の外形標準課税(資本割)や住民税の均等割がありますので、納税額が増える可能性があります。さらに、日本には中小企業等のみに与えられた優遇税制がいろいろありますので、資本金が増えることにより、その特例が受けられなくなる可能性もあります。

 

シンガポールでも資本金が大きいとデメリットがある?

シンガポールではどうでしょうか?

シンガポールには事業税の外形標準課税(資本割)や住民税の均等割はありません。しかし、一部の優遇税制について中小企業に特例を設けているものもありますのでこちらはケースバイケースとなります。

また、日本で言う商工会議所がシンガポールにもあります。Singapore Business Federation (SBF) と言いますが、資本金額がS$50万以上になると、その法定会員としての加入が義務付けられ、年会費約S$300~800(資本金額に応じて)を払う必要があります。

もちろん加入により情報入手などができますので、一概にはデメリットとは言えませんが。

 

***********************************************************

【Shimada & Associates 国際税務メルマガ】

国際的に活躍するすべての方を対象に月に一度のメルマガ(無料)を発行しております。よくある国際税務Q&Aやシンガポール情報にご興味がある方は、ぜひご活用頂ければ幸いです。

国際税務メルマガ配信登録はこちら

***********************************************************

※下記につきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

✔︎国内・国際税務顧問をお探しの方

✔︎起業・法人設立を検討されている個人事業主・小規模企業の方(創業時から国際税務の観点からスキーム提案等のお手伝いをさせて頂きます。)

✔︎2国間以上の国際取引に係る税務のご相談

✔︎海外移住者・転勤者のための納税管理人

✔︎非居住者への源泉所得税

✔︎シンガポール移住・進出

まずは状況をお伺いしお見積書を作成させて頂きます(初回のお打ち合わせ及びお見積書の作成は無料となります)。